So-net無料ブログ作成
リーフ ブログトップ

リーフのユーティリティ,その他 [リーフ]

 日産のEV「リーフ」のモニター期間が終わって、早3週間が経とうとしておりますが、最後にEVとしての感想ではなく、普通の車として見た場合の、ユーティリティ面や、その他感じたことを書き連ねます。思いつくまま...なので、順番目茶苦茶...。

【シート】
 シートは、ダメです...。まず、サイズが小さい...。特に座面の前後長が全く足りておらず、私の太ももの裏側をきちんと支えてくれません。それと、クッションも今一で、ちょうど背中が当たる辺りを手で押すと、軽く「ポコッ!」と音がして引っ込みます。これでは、私の体重は支えられない...。リアシートの印象も同じ!シートには、もう少しお金をかけていただきたいと思います。

 日本のメーカーは、もっとシートとダンパーにお金をかけましょう!

DSC_0530.JPGDSC_0538.JPG

【ヘッドライト】
 「世界初の“完全リフレクター制御”LED ヘッドランプ」、市光工業製だそうです。凸レンズを使わず、完全にリフレクターで制御しているとのことで、凝ったメカニズム!ライト内を覗くと、光源であるLEDのユニットが見えません。MC前は全車標準でしたが、MC後は最上位のGグレードのみ標準。中間のXグレードにはオプションでつけられ、廉価グレードのSには設定がないようです。今回お借りしたのはXグレードでしたが、LEDヘッドライトは装着されていました。

 もっとも、すごい技術を使ったライトだからと言って、夜間の運転中、何か特別なことを感じるわけではありません。

DSC_0401.JPG

【指がひっかかる...】
 ホーンパッドの端っこのエッジが立っており、ステアリングを切る際に親指に引っかかって、極めて不快です...。私は一回で比較的大きく切る人だからなのかもしれませんが、非常に気になります...。これは、早急に改善していただきたいポイントです。

 実験部隊の方達も、気が付かなかったの?

DSC_0546.JPGDSC_0547.JPG

【ヒーターはありがたい】
 MC後に「ヒートポンプ式ヒーター」が採用され、電費改善されているとは言え、暖房を入れると電費の落ち込みは大きいです。よって、今回お借りしている2週間の間、家族とのドライブ,及び雪が舞うような寒い日以外はエアコンはOFFにしていましたが、その時にありがたいのが「シートヒーター」と「ステアリングヒーター」。暖房を入れていなくても、そこそこ寒さを感じずにドライブが出来ました。

 また、ヒートポンプの利き具合はは素晴らしく、一度フロントスクリーン全面が凍っていた時に使ってみたら、ものの2分くらいで温風が出てきてびっくり!あっ!と言う間に溶けてしまいました。但し、停まった状態でのヒーター利用なので、この時の電費は、通常8.5km/kWhに対し、6.7km/kWh。片道17~18kmの通勤路では、この消費分を穴埋め出来ませんでした...。

DSC_0524.JPGDSC_0525.JPG

【内装の質感】
 全くダメ...。デザイン云々はさて置き、300万円台の車なのですから、ソフトパッドくらいは使って欲しいですよね。全体的に、安っぽいです...。MCでドアの内貼りが変わり、更に安っぽくなりました...。(-_-)
 それと、リアシートのセンターアームレストも必要でしょ!我が家のモコですら、ついていますよ。(マッチ棒のようですけど...。)

DSC_0536.JPG

【タイヤが小さく見えるデザイン】
 普通にいい車であることはよくわかりましたが、どうしてもこのデザインに馴染めません...。カエル(?)のような顔。そして、かっこ悪く見える一番の原因は、タイヤが小さく見えることだと思います。(ジュークも同じだな。)

 デザイナーが最初にイメージスケッチを描く際、タイヤは太くデカく描くもの。それがかっこいいからでしょう。でも、リーフは(ジュークも)フェンダーが妙に膨らんでいて、そもそもプアなタイヤを履いているところに、更にわざわざタイヤが小さく見えるようになっています。これが諸悪の根源だろうなぁ...。

 また、給電口はフロントのど真ん中にありますが、これはガソリン車同様、横でもよいのでは?厚木市役所の急速充電設備を使う際、給電口が遠くて、一度バックさせたくらい。横ならこんなことはないのに...。デザイン面から考えても、これには???「デイズ」ベースの軽サイズのEVが出たら購入を考えてもいいかな?と思っているのですが、このデザインが心配...。給電口が同じ位置で、リーフやe-NV200のような顔だったら、それだけで購入をやめてしまうかも...。

DSC_0402.JPGDSC_0552.JPG

 以上で、今回リーフ君をお借りしての感想の投稿は終了します。いずれにせよ、楽しい2週間でした。(^^)

EVは軽サイズがいい? [リーフ]

DSC_0552.JPG

★リーフ君、2週間ありがとう!
★自分の右足を信じればよかった...。

 2週間の日産のEV「リーフ」のモニター期間が終了し、昨日(2/12)日産自動車・藤沢大庭店さんにお邪魔をして返却をしました。特にブレーキに電気仕掛けの不自然さはあれど、ハンドリングや乗り心地、色々な走りのリズム感はまずまずで、普通によい車でした。(デザインは、どうしても受け入れがたいのですが...。)

 ただ、私なりの結論は、「現状では、自宅で充電&チョイ乗りの軽サイズにこそ、EVはふさわしい。」です。

DSC_0551.JPG

 また、初日以外基本的にecoモードONで走っていましたが、昨日は厚木への往路にOFFしてみたところ、大渋滞にはまりながらも「8.7km/kWh」を記録。「あれ?ecoモードなんか、要らないじゃん!」と思い、自宅までの復路は、ecoモードOFFの上、減速時に積極的に「Bレンジ」を使って「回生」の機会を増やしてみたところ、これまで復路は毎回「8.2km/kWh」だったところ、一気に「9.4km/kWh」まで改善!(厚木→自宅の復路は上りになるので、通常は往路より悪くなるのです。)

なんだ、自分の右足を信じればよかった...。
まだ、リーフ君の乗り方は、改善の余地があった...。

 ecoモードスイッチはステアリングについているので、走行中に切り替えるにはちょっと使いづらいですが、Bレンジはセレクターでの切り替えとなりますので、操作がしやすいですしね。

 なかなか楽しい2週間でした。日産がデイズ・ベースのEVを開発してくれて、その時に懐具合がよかったら、購入を考えます。(^^)

自宅での充電が前提? [リーフ]

DSC_0483.JPG

 2/2(月)、日産自動車さんのご負担により、我が家にEVの充電設備が設置されましたので、遅ればせながら昨夜(2/3夜)こいつを使って、お借りしているリーフ君にご飯あげてみました。家庭で充電する場合のケーブルは、リアハッチを開けたところにデイパックのようなケースがあり、その中に入っています。急速充電とは違って時間がかかるので、一晩中かけておくことにして、今朝(2/4)チェックをしてみました。
 航続可能距離が200kmくらいになっていることを期待していたのに、さにあらず。結局155kmにしかなっていない...。ちょっと予想外ではありましたが、そもそも急速充電はバッテリーを劣化させますし、寝ている間に充電が終わるというのはいいですね。

DSC_0493.JPG

 やはり電気自動車(EV)は自宅での充電が前提なんでしょうね。

 Facebookに投稿をしていると、「やはり、まだまだ?」,「未だ未だEVにするには...」と言う意見を頂戴するのですが、私はそもそもEVが主流になることはないと思っています。さしあたりの未来の車の最終形は「燃料電池車(FCV)」。ハイブリッド(HV)にしろEVにしろ、それまでの「つなぎ」でしかありません。(特にHVは)とは言え、EVの場合は、近場を「チョイ乗り」と言う用途で残るような気がします。となると、軽自動車にこそEVは相応しいのではないか?

 日産は、デイズ(及び三菱のeKワゴン)をベースにしたEVに、きっと着手しているはずです。

リーフでの初の遠出 [リーフ]

DSC_0473.JPG

 昨日(2/1)、お借りしているリーフ君で、お台場まで行ってきました。遠出...というほどではありませんけど、片道70km,往復で140km程度ですので、途中で充電が必要な距離。事前に充電箇所を色々調べて、「タイムズ有明セントラルタワー」と湾岸線「大黒PA」を候補に挙げ、いずれも事前登録をしておきました。但し、「チャデモチャージカード」についてはカード作成は行わず、とりあえず「カード無」で使うための事前登録のみ。「これからEVを」とお考えの方、参考になさってください。
 最終的に、今回は「大黒PA」のみを使いました。TIMESさんの場合、駐車料金を支払った上で充電は無料ですが、「大黒PA」を使った結果、今回は760円が請求されるようです。

【TIMES(パーク&チャージ会員サービス)】
http://www.timesclub.jp/pandc/how2ev.html
※まず「タイムズクラブ」入会(無料)が必要

【首都高(チャデモチャージカード・カード無の場合】
http://www.shutoko.jp/use/pa/charge/
http://qden.enegate.jp/enegate/pc/

 朝出発時の航続可能距離は126km。家族含めて4人乗りで、エアコンは時々使う程度にしました。少し余裕を持って行き来出来るように、まず行きに大黒PAで充電をすることに。こちらの充電器はMAX20分でしたので、余裕を持って自宅にたどり着けるほどではなかったため、帰りにももう一度立ち寄って充電をしました。(翌日の厚木までの通勤時まで使いたかったこともあり。)

【自宅出発時】
エアコンOFF:126km(エアコンON:110km)
  ↓
【大黒PA到着時】
エアコンOFF:70km(エアコンON:65km),44%
  ↓
【充電後】
エアコンOFF:113km(エアコンON:104km) ,70%

DSC_0436.JPG

 それと電費ですが、高速走行時はあまり回生の機会がないのと、速度を維持するためにはしっかりアクセルも踏む必要がありますので、大黒PA到着までが6.4km/kWh。自宅と厚木往復時は8km/kWhから8.5km/kWh程度の電費なので、4人乗りと言うことを差し引いても、高速走行時の電費って悪いんですね。空力対策に力を注ぐ意味も理解出来ます。また、日産の営業さんからオートスピードコントロールの使用も勧められていたので、大黒PAを出た後は、積極的に使ってみました。その結果なのか?電費が6.8km/kWhに。自宅から大黒PAまでの方が起伏があって、大黒PAからお台場まではほぼ平坦,そしてベイブリッジ手前から大黒PA手前までの登り約3km弱で工事渋滞だった...ということもありますが、まだまだ私のアクセルワークに改善の余地がありそうです...。(-_-)

 帰りも大黒PAに立ち寄って、20分の充電。その結果は下記のとおり。

【お台場出発時】
エアコンOFF:76km(エアコンON:72km)
  ↓
【大黒PA到着時】
エアコンOFF:48km(エアコンON:46km) ,26%
  ↓
【充電後】
エアコンOFF:114km(エアコンON:109km) ,68%

 また、初日以外はecoモードONで走っておりますが、空走をもう少し使った方がよいだろうと思い、帰路は必要に応じてecoモードをON/OFFしながら走ってみたところ、電費は7.0km/kWhまで改善。ecoモードONでも空走状態は作れるようですが、OFFの方が作りやすいような感じがします。

 次の週末は土日とも用事が入ってしまっているので、長距離ドライブは今回の一回こっきりになってしまいましたが、充電事情がある程度理解出来たという意味では、非常に貴重な機会になりました。

 電費や電費を意識した走り方、そして充電事情がある程度理解出来てきましたので、今度は普通の車として見た場合のコメントを書いてみたいと思います。

2度目の急速充電@神奈川日産・藤沢大庭店 [リーフ]

DSC_0416.JPG

 昨日(1/30)朝、厚木市役所で急速充電させたばかりではありましたが、本日(1/31)はリーフ君の出動はなく、明日(2/1)にお台場までリーフ君で行く予定なので、その前に充電しておこうと思い、22時半にリーフ君をお借りしている「神奈川日産・藤沢大庭店」にお邪魔して、充電をさせていただきました。こちらでは、24時間充電させていただけるのですが、事前にパスワードを知っておく必要があります。厚木市役所と同じ「CHAdeMO」方式の充電器ではありますが、よりコンパクトで新しい感じでした。

http://map2.nissan.co.jp/c/h/TENPO/0260/1P4.html

 同じく30分かけましたが、今回は67%から83%まで回復。航続距離は、117kmから143kmとなりました。朝より少ない充電量ですが、同様に30分かかっていますので、やはりどんな充電量であれば、電流を制御して30分かけているのかもしれません。バッテリーをなるべく劣化させないためには、その方がよいですよね。

DSC_0415.JPG
 ↓
DSC_0419.JPG

「飛行機みたぁ~い!」by 娘

 これは、一昨日娘を乗せた際、発進直後に叫んだ言葉。飛行機はエンジンの音がしますが、EVはほとんど音はしません。でも、じわぁ~...と発進させた時の印象,及びシームレスな加速が、そう感じさせたようです。(私はマニュアル車でも、通常は2nd発進で、ゆっくり発進させます。)
 また、数十メートル走ったところで、歩行者が。義母も娘も「歩いている人、気づくのかな?」と言うことを気にしました。だから、歩行者に存在を知らせるための、音が鳴るようになっていることを説明。二人とも、なかなか的を得た質問で、びっくり!
 そう言えば、まだこの音を鳴らしたことがありません。どんな音がするんでしょ?今度確かめてみます。

 かみさんにも運転してもらいましたが、運転が苦手なかみさんでも、とりあえずは普通に運転出来ましたので、やっぱりリーフはいい意味で「普通」なんだと思います。ただ、かみさんのアクセルワークだと、電費は「6km/kWh」前後。オートマしか乗ったことがない人の多くが、アクセルワークは「オン・オフ」ですものね...。アクセルワークひとつで、燃費も電費も大きく変わってきますよ!

DSC_0414-crop-crop.JPG

 それにしても、最新の車が来ると、我が家の相棒達がクラシックカーに見えます。(^^)

 明日(2/1)は、お台場までばぁばも伴って、リーフ君で遊びに行ってきます。帰る途中に充電をしないとちょっと不安なので、湾岸線「大黒PA」の急速充電器を使うことにしました。現場でスマホを使えば充電出来るようでありますが、とりあえず事前に登録をしてみました。さて、スムーズに充電が出来るのかどうか...?

急速充電初体験!@厚木市役所 [リーフ]

DSC00432.JPGDSC00436.JPG

 急速充電、初体験!
 EV所有には、自宅に充電器設置はマストだなぁ...。

 本日(1/30)は雪交じりの雨が降っていましたが、そんな中、お借りしているリーフ君に、厚木市役所の急速充電器を使って充電の初体験!6時半から7時までの30分かかって、航続可能距離が100kmから130kmまでしか回復しませんでした...。

 あれ?この程度での充電にも、30分かけちゃうの?

DSC00434.JPG

 急速充電はバッテリーを劣化させるので、そもそもお勧めではないのですが、劣化の度合いを最小限にするために、急速充電器では80%までしか充電をしてくれません。空の状態から30分の急速充電でどのくらい回復するのかわかりませんが(どんな状態からでも、30分で80%まで回復するような充電の仕方なのかもしれません。)、バッテリーを劣化させず、且つ100%まで充電するためには、自宅に充電器を設置することは絶対に必要ですね。

 因みに、今回は2週間のモニターと言う立場ではありますが、約15万円の費用を日産自動車さんが負担をしてくれるので、自宅に充電器を設置してもらうことにしております。リーフを購入した場合も、日産自動車さんの負担で、自宅に充電器が設置出来るそうです。

 日ごろの充電は厚木市役所で手軽に出来るので心配はしていませんでしたが、今度の日曜日(2/1)お台場に行くにあたり、急速充電器の場所や利用方法等を調べてみました。結果...、厚木市役所のように、フラッ!と立ち寄って手軽に充電出来る設備は少数で、事前登録が必要だったり、急速充電器の横についているQRコードを読んで、且つクレジットカードの登録が必要だったりと、意外と面倒くさいことがわかりました。さしあたり、2/1は高速湾岸線「大黒パーキングエリア」で充電してみようと思っています。

日産リーフをお借りしました [リーフ]

DSC_0402.JPG

 「モニターキャンペーン」を使って、今日(1/29)から2週間、日産の電気自動車「リーフ」が私の仮の相棒になります。このキャンペーンについては、下記をご覧ください。

https://secure.nissan.co.jp/LEAFMONITOR/

 本日(1/29)10時、過去の相棒Z32(15年乗りました)のメンテや、現在我が家にあるモコちゃんでお世話になっている「神奈川日産・藤沢大庭店」さんににお邪魔。私と同じ苗字の営業さんに色々レクチャーを受けて、早速自分の店のある厚木まで移動。まずは、ファーストインプレッション。

○普通にいい車じゃないか!
○かっこ悪いけど...(-_-)
○ハイブリッドのような違和感はほとんど無し!
○とりあえずの電費「7.8Km/Wh」!
 ※ecoモードオフ/エアコンオフ

 今回お借りしたのは、マイナーチェンジ後の中間グレード「X」。オプションのLEDヘッドランプはついていましたが、残念ながらテッチンホイール...。でも、まだ500km強しか走っていない、ピッカピカの新車です。もっと走り込んだ車が来ると思っていたので、びっくり!

【リーフ X(後期型)】
メーカー希望小売価格
 3,292,920円(税込)
補助金
 53万円

 私は現行プリウスのチョイ乗りと、IMAタイプのシビックHVの高速道含めた長距離ドライブの経験がありますが、いずれも違和感だらけでした...。(-_-)特に、プリウスは車が勝手に動いている感じがあって、日ごろマニュアル車で、車の動きのほとんどを支配下に置いている立場としては、到底許せないドライブフィーリング...。(-_-)
 基本的にガソリンエンジン車であるシビックHVでさえ、エンジンとモーターの出力が混じった「いやぁ~な」感覚...。(-_-)スピードを一定に保つのも意外と難しい...。(-_-)また、回生が入った時の減速も不自然...。(-_-)とにかく、普通に加速して一定のスピードを保ち、止まりたいところでピタッ!と止めるというのが、意外と難しいと感じました。

 あくまでも、個人的な感想です。

 でも、今回お借りしたリーフは、そういった違和感がほとんどなく、普通のリズムでドライビングができ、まずは好印象。軽くアクセルオフした程度では回生は入っておらず、適度に空走を使っている感じ。(個人的には、もっともっと空走を使って欲しいと思いますけど。)
 とりあえずecoモードは使わず、通常モード/エアコンオフで、藤沢→厚木の18kmを走って、平均電費は「7.8km/kWh」でした。129号線では右車線を走りつつ、全体的にも流れに乗った走りではありましたが、我ながらまずまずの電費だったと思います。

DSC_0410.JPG

 乗り心地は、よいダンパーを使っていたMC前の方がよいと聞いていますが、現行もなかなかのもの。国産車としては、とてもよい乗り心地だと思います。床下にバッテリーがレイアウトされていて、重心が低いこともあって、乗り心地がよい割にコーナーでのロールも少なく、且つしっかりタイヤが接地している感じがあって、ベリーグッド!

 なかなかいい車じゃないですか!(^^)
 でも、どうしてこんなにかっこ悪いんでしょうか...。(-_-)

 この車、デザインがよかったら、もっと売れると思います。

 今後、更にインプレッションを書いていきます。
リーフ ブログトップ