So-net無料ブログ作成

2017年がスタート! [雑感]

DSC00006.JPG

 新年あけましておめでとうございます。
 2017年も、宜しくお願いいたします。

 2017年がスタートしました。みなさん、どんな年末年始のお休みを過ごされましたか?私は、大晦日は恒例の愚妹一家との宴会が、年明けに別途日程を組んでいるので、義母を招いて家族と4人で過ごしました。

 そして、元旦は初詣。元旦の初詣なんて、中学生以来のことだと思います。義母,そして上の義弟一家と、バス・電車で「江の島」に出かけました。初日の出が見られる時間帯に「江の島」駅に到着したこともあって、大混雑。本社の「辺津宮」をお参りするまで、かなり時間がかかりました。でも、大半の方達がここでお参りを終わらせてしまうこともあり、その後の「中津宮」,「奥津宮」のお参りは、いつもどおりいたって平和でした。例年同じことを書いているような気もしますが、一番手前の「辺津宮」、そしてその奥の「中津宮」,「奥津宮」、全て合わせて「江の島神社」ですので、「辺津宮」でお参りを済ませてしまうのではなく、三つ全てお参りなさることをお勧めします。

DSC00004.JPG

 おみくじは、久しぶりの「大吉」!しかも、「おことば」がよかった。

------------------------------------------------------

思いついたら即行動してみましょう。
結果は後から必ずついてきます。

------------------------------------------------------

なんか、まさに今の私にピッタリ!の「おことば」です。今ひとつ動いていますし、こりゃあ「もう一つ」も、とにかく動き始めないといけないな!

 「パソコン教室StudyPC.NET本厚木校」は、明後日1月4日(水)から生徒様をお迎えします。張り切っていきますよぉ!(^^)

東北旅行・うみの杜水族館(206年3月) [雑感]

DSC05404.JPG

 今回の東北旅行の二日目は、今回の一番の目的である「仙台うみの杜水族館」。昨年7月1日オープンと言う新しい水族館で、直前にテレ朝の「旅サラダ」で紹介されているのを見て、娘と「行ってみよう!」と言うことになりました。早速9月の連休に...と思って宿の手配を始めたのですが、仙台駅から離れたところも全く空き部屋がなく、それが「嵐」の公演がある影響だと知り、断念...。そして、娘の春休みに合わせて、今回スケジューリングし直しました。

 「うみの杜水族館」での一番の楽しみは、プールと観客席の仕切りがないイルカショーでしたが、これはまずまずでした。思ったほど水しぶきがあがるわけではないので、最前列でもよかったかも。ただ、これまで「新江ノ島水族館」や「八景島シーワールド」,「三津シーワールド」,「京急油壺マリンパーク」等でイルカのショーを見ていますが、いずれも周囲は海ですので、ショーのバックも海。(油壺だけは室内ですけど。)でも、内陸地にある「うみの杜水族館」はショーのバックは高速道路だったり近所のショッピングセンターだったりしますので、そこには強い違和感を持ちました。

 また、つい先日NHKの「あの日 わたしは」で、松島にあった水族館「マリンピア松島水族館」が紹介されていましたが、元々そこにいたアシカ君やイロワケイルカ一家もこちらの水族館で元気に生活をしていて(アシカ君達は、イルカとのショーに出演していました。)、こういうところにも震災の爪痕を意識させられました。

DSC05401.JPGDSC05412.JPGDSC05414.JPGDSC05417.JPG

 あと蛇足...。
 水族館を楽しませていただいている立場とは言え、いつも思うのですが、こんな狭いプールで生涯を送るなんて...。イルカだけではないですけどね...。水族館のあり方や野生生物の飼育,ショーへの利用を見直してもいい時期なのかな?って...。海外では、イルカやシャチの飼育をやめて、違う形のプログラムを充実させて成功している例もあると聞きます。日本も、水族館のあり方について、もっと考え直してもよいような気がします。

 私はイルカショーがなくなっても、我慢します。

【仙台うみの杜水族館】
宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6番地
http://www.uminomori.jp/umino/

 二日目は、18:57「仙台」発の新幹線「はやぶさ30号」で帰宅しましたが、本当に新幹線って速いですね!

東北旅行・松島(206年3月) [雑感]

DSC05384.JPG

 私事ですが、3/30(水)~31(木)と、一泊二日で仙台方面に旅行をしてきました。震災時、塩竈周辺で作業をさせていただいた際、宿泊させていただいた「塩竈教会」の方から「東北の物産を購入すること、東北を旅行することも、大事な復興支援のひとつです。」と言われました。震災から5年経って、やっとその東北旅行が叶いました...。(;_;)当時、一日だけ作業をせず、石巻,女川方面に連れて行ってもらいましたが、松島を通過した際、食事処の女性が手まねきする中、素通りせざるを得なかったのがものすごく心残りで、東北旅行をするならまずは「松島」からと決めていました。あの時の女性、ごめんなさい...。(;_;)

DSC_2065.JPGDSC_2066.JPG

 一日目は、8:20東京発の新幹線「はやぶさ5号」で仙台に向かい、「仙石線」で「松島海岸」まで行き、「松島」周辺を散策。「松島」は、「天橋立」,「宮島(厳島)」と並んで「日本三景」のひとつですが、海岸はほとんどの部分に人間の手が入っており、小型の船が多く停泊していることもあって、ちょっと「これでミシュランガイド?」と言うのが正直な感想。但し、遊覧船から見る景色、そして「福浦島」(有料の橋を渡る必要あり)から見る島々の景色は、なかなかのものでした。「松島」を訪れる場合は、遊覧船と「福浦島」は外さないでいただきたいです。

DSC05381-crop.JPGDSC_2070.JPG

 この日の宿は、翌日の「海の杜水族館」へのアクセスを考えて、多賀城市内にしました。ファミリーダブルに8歳の娘と3人。少しコンパクトなお部屋ではありましたが、値段が13,000円強と、大変リーズナブルでした。

【ホテルルートイン仙台多賀城】
宮城県多賀城市町前1-1-15
http://www.route-inn.co.jp/

DSC_2074.JPGDSC_2073.JPG

 夕食は、「本塩竈」から「七ヶ浜」経由で宿までお世話になったタクシーの運転手さんから教えていただいた、。「利久」と言う牛タン屋さんへ。さすが、タクシーの運転手さんと言うのは美味いお店をご存じですよね。大満足でした!(^^)

【牛たん炭焼利久 多賀城店】
宮城県多賀城市町前1-3-5
http://hitosara.com/0004008354/?cid=ovt_yg_ss_tpa_0004008354&ef_id=Vvo5QgAAAV6CDA0j:20160408031717:s

 蛇足ですが、「ホテルルートイン」から「利休」までの300mほどの距離を歩いていたら、途中に「極楽湯」があって、びっくり!ここ、「塩竈教会」にお世話になって、「浦戸諸島」や塩竈市内で作業をしていた頃、何度か汗を流しに連れてきてもらったところなんです。

【極楽湯多賀城店】
宮城県多賀城市町前一丁目2-5
http://www.gokurakuyu.jp/tagajo.html

2016年がスタート! [雑感]

03020224051.png

 新年あけましておめでとうございます。
 2016年も、宜しくお願いいたします。

 2016年がスタートしました。みなさん、どんな年末年始のお休みを過ごされましたか?私は、大晦日に妹一家を招き、元旦は義母を招いて新年のお祝いをし、そして2日以降、かみさんの弟二人の家族も集合して、江の島に初詣に行ったり食事をしたり、と言うのが定番になっています。

DSC_1813.JPGDSC_1814.JPG
DSC_1815.JPG

 今年は1月2日に、義母と上の義弟一家と江の島に初詣。過去、寒川神社や鶴岡八幡宮に初詣に行っていた時期もありますが、いずれもかなりの混雑...。でも、一番身近な江の島神社は、10時前に島に入ってしまえば概ね平和に初詣ができますので、2014年から江の島に行くようにしています。
 江の島神社は、島内に分散した三つの宮から構成されていますが、本社の「辺津宮」,「中津宮」,「奥津宮」、全て合わせて「江の島神社」ですので、「辺津宮」でお参りを済ませてしまうのではなく、三つ全てお参りなさることをお勧めします。

 おみくじは、3年連続「末吉」。(ひょっとしたら4年連続かも...。)でも、とてもいいことが書いてありました。

【おことば】
なかなか結果が出ないと焦っていませんか?心配は要りません。努力を続けることで周囲から認められ、結果が表れるでしょう。

【仕事】
ライバルに対して情報収集を徹底してください。研究することで自分の自信へとつながるでしょう。

 信じて、努力を続けます。

DSC_1821.JPGDSC_1828.JPG

 普段、朝食以外あまりしっかり食べることがないのですが、忘年会シーズン突入後は、それなりに特別な食事をすることが多く、更に年末年始はご馳走ばかり...。昨日は江の島のシーキャンドル~奥津宮辺りでランチになるだろうなぁ...と思っていたので、最初から「カレーライスを食べよう!」と決めていました。小麦粉たっぷりのジャストジャパニーズスタイルのカレーライスでしたけど、逆に今はこれが胃に優しかったです。

 さ、「パソコン教室StudyPC.NET本厚木校」は、明日1月5日(火)から生徒様をお迎えします。張り切っていきますよぉ!(^^)

EPA横浜元町チョークアートスクール [雑感]

DSC_1097.JPGDSC_1098.JPG

※写真のネット掲載、ご快諾いただいております。

 完全に私ごとですが、昨日(6/21)、横浜・元町にある「EPA横浜元町チョークアートスクール」に行ってきました。約1年前の日テレ「ぶらり途中下車」で紹介され、娘がとても興味を示していたからです。このビデオはいまだBDレコーダーに残っていて、前日の土曜日に4回,当日の朝も2回娘と見てから出かけました。

http://www.ntv.co.jp/burari/contents/detail_2682309.html
※ぶらり途中下車
※撮影の裏話も聞けて、面白かった!(^^)

http://www.epa-chalkart-school.com/index.html
※スクールのHP

http://www.episodingart.com/
※佐藤瑞香先生考案の「エピソーディングアート」について

DSC_1100.JPGDSC_1104.JPG

 事前に娘と、「先生は誰か?」,「もし佐藤瑞香先生だったら、髪の毛は何色か?」,「チョークアートで描くものは何か?」等、楽しく予想をしながら出かけましたが、佐藤先生ご本人からマンツーマンでご指導いただくことが出来ましたし、娘が我が家のニャンコの話をしたり、絵とは関係のない話題を出していたということは、娘が佐藤先生に相当心を開いたということ。実は、娘は学校のことで少し気が病んでいるのですが、一時的であれ、それを忘れさせてくれた佐藤先生に心から感謝です。
 多少先生に手を加えていただいたということもありますが、出来上った作品はなかなかのもので、娘も大満足!そして、幼稚園時代からの仲良しのS夜ちゃんも一緒に連れてきたいと思ったようなので、この夏休みに実現させたいと思っております。次の週末、その仲良しさんと会う機会がありますので、早速相談してみます。

 私自身も、佐藤先生考案の「エピソーディングアート」に興味を持っており、一度自分、あるいは家族の肖像画をチョークアートで描いていただいてもいいなと考え始めております。また、8/29~9/26の日程で、「湘南鎌倉病院」にて「EPAチョークアート展」を開催されるとのこと。これも行ってみたいですね。

初「片瀬漁港朝市」 [雑感]

DSC_0977.JPGDSC_0979.JPG

 昨日(5/10)、初めて「片瀬漁港朝市」に行ってみました。前々から行ってみたいと思いつつ、なんか争奪戦に突入しなければならないんじゃないか?って言う、誤った先入観を持っていたために、なんとなく行ったことはなく、娘と江の島に遊びに行った際、もうシコイワシ程度しか残っていない10時頃にちょこっと覗いたことがあった程度。
 ところが、4/11の「アド街」(「春の江の島」の11位)で紹介され、ちょっと雰囲気がわかったので、行ってみたい!という気持が盛り上がってしまいました。「次回は5/10」と言う情報も流れたので、混むだろうなぁ...という覚悟のもと。

 事前に色々な方のブログを見て、9時オープンに対して「8時半くらいには既に数十名の列」というのがわかったので、少し早目の8時に現地に到着。その時はまだ10名程度だったのですが、トイレに寄ったり、Facebook投稿用の写真を撮影し、車に戻って投稿したりしているうちにどんどん列は伸びてしまったようで、8時15分くらいには50~60人待ちの状態に。(クーラーボックスを置いて、近所をブラブラしている方も多いので、実際に並んでいる方は少なかったので、オープン直前にざっくり数えた結果です。)入り口のところでカゴを渡してくれるおじさんが、「テレビの影響って大きいね!」っておっしゃっていましたので、やはり私のような人が多くて、日頃より人出が多かったようです。(^^)

 で、実際に買い物を終えて、「毎月第一日曜日に、行ってみようかな?」と思いました。(^^)

DSC_0980.JPGDSC_0982.JPG

 クーラーボックスは買い物の邪魔になるので、入り口手前に置かせていただき、入り口でカゴを渡されて、それに買いたい魚を入れていくシステムですが、カゴの数が決まっているので、中に入れる人数は決まっており、決して争奪戦にはなりません。皆さん、いたって落ち着いた雰囲気で買い物をされているので、とても安心です。魚類別に100gの単価が違いますが、清算もテキパキと行われますので、ここではあまり待たされることはありません。また、希望があれば捌いてもくれますが(無料?)、調理法別に捌き方も変えてくれるようです。日頃、我流で捌いているので、この様子はとても勉強になりました。

DSC_0984.JPGDSC_0985.JPG

 で、買い物の成果ですが、中に入れたのはオープンから30分以上経っていたため、私の2~3人前の組でサバがなくなってしまい、一番欲しかったものが手に入りませんでしたけど、アジ6尾と大きめのカマス2尾を買って、1,320円。アジは、この日100g80円と言うことでしたので、とても安かったと思います。
 昨日は、アジとムギイカ,サザエは豊富にあったようで、私が買い物を終えた後も、追加で奥から運ばれてきていました。こればかりは、その日の漁の結果次第でしょうから、日によって違うでしょうね。

DSC_0986.JPG

 魚類から季節も感じられますし、この雰囲気好きです。(^^)6月も、是非また行ってみたいと思っております。

 駐車場は、漁港脇に無料でとめられるようです。私はいつものくせで、「えのすい」横の有料駐車場にとめてしまいましたけど...。(-_-)

http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/nousui/shigoto/suisangyo/gyoko/chokubai.html
http://ekgyokumi.blog95.fc2.com/
※ブログは日々更新されております。「朝市」スタイルではない「小売り」は土曜日以外は営業しているようなので、こちらも利用してみたいと思います。(「朝市」と「小売り」は、実際どう違うのか?私自身はまだ理解しておりません。)

「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」 [雑感]

DSC_0452.JPGDSC_0450.JPG

 「日本科学未来館」の企画展、お勧めです!激混みですけど。(^^)

 2/2に投稿したように、2/1(日)にお台場に行ってきました。一番の目的は「日本科学未来館」の企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」。

 1/24(土)放送の日テレ「ぶらり途中下車」を娘と見ていたところ、冒頭で太川陽介さんが「日本科学未来館」の「チームラボ 踊るアート展と、学ぶ!未来の遊園地」を紹介していました。その中の、自分の塗り絵がスクリーンに出てくるアートが娘の心の琴線に触れて、「行きたい!」と言うので、リーフ君での遠出を兼ねて行ってきたというわけです。

DSC_0440.JPGDSC_0445.JPG

 入り口を入ると、まずは「踊る!アート展」。それを抜けていくと、最後に「遊ぶアトラクション」があり、娘が一番楽しみにしていた「塗り絵」は、更にその一番奥にありました。
 塗り絵用の台紙とクレヨンが用意されていて、まずこれに塗り絵。これをスタッフの方にスキャナーで読んでいただくと、目の前の巨大スクリーンにそれが映し出され、画面の中を動き回るというもの。子どものみならず、親も楽しんでいる様子。テレビで紹介されていた海の中バージョン(お絵かき水族館)の他、未来の都市バージョン(3D お絵かきタウン)もあり、混んではいましたが、娘は両方を堪能。他、「光のボールでオーケストラ」も。激混みではありましたが、娘は目的以上のことを達成出来て、大満足!(^^)

page.jpg

 詳細は、下記ホームページをご覧ください。

http://www.miraikan.jst.go.jp/

 この企画展は3/1(日)までです。激混みですので、ローソン等で前売りチケットを入手の上、開館(10時)前から並ぶことをお勧めします。今回我々はガンダムやアクアシティ,デックス東京まで行く予定にしていたので、常設展示は見ませんでしたが、終日楽しむのであれば、お弁当持参の上、ランチは7階の展望フロアで...というのがよさそうです。

「七種(ななくさ),七種粥」の日 [雑感]

nanakusa.jpg

 本日1月7日は「七種(ななくさ),七種粥」の日。

 本日のブログ投稿は考えていなかったのですが、こう朝からテレビやラジオで「全部言えますか?」と連呼されると、やはり触れておかないわけにはいかないですね。本日1月7日は「七種(ななくさ),七種粥」の日。「春の七種」とは上図のとおり。呪術的な意味ばかりでなく、正月のごちそうで疲れた胃をいたわったり、縁が少ない冬の栄養源として、ビタミンを補給する意味があるとのこと。最近は、スーパーでパック入りのセットで買えますよね。

 テレビのアナウンサー達は、こういう振りをされるのを前提に、復習していたのでしょうか?結構言えていました。(^^)テレ朝「グッドモーニング」では写真も見せてわかるか?と言うのもやっていましたが、さすがに難しそうでした。ただ、「すずな」は「蕪」であり「すずしろ」は「大根」なんですよね。テレ朝の松尾アナは、ちゃんとご存じだったようです。

 一方、「秋の七草」と言うのもあります。春の七種は「七種粥」にして食べるなど、「食」を楽しむものですが、「秋の七草」(オミナエシ,ススキ,キキョウ,ナデシコ,フジバカマ,クズ,ハギ)の方は、花を「見る」ことを楽しむもの、だそうです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。